気になる医療脱毛の仕組みとは?毛は生えないの?

医療脱毛を東京でやってみたいけど、レーザーと聞いて怖さがある。

痛みがあるのでは?脱毛してもまた毛が生えるなら何度もやらなきゃいけないのでは?など疑問をお持ちの女性もいるかと思います。

医療脱毛の仕組みとは一体どうなっているのでしょう?

★レーザー脱毛の仕組みレーザー脱毛とは、毛根に直接レーザーを照射し毛根を焼き切る方法になります。

レーザーは黒い毛だけに反応するため、肌の周辺を傷つけることはありません。

毛根が焼けると、自然と黒い毛は抜け落ちていきます。

★医療脱毛の痛みはあるのか

レーザーによる脱毛のため、どうしても刺激が肌に生じます。

痛みは個人差がありますが、一般的には輪ゴムで弾かれた痛みが一瞬走る程度です。

レーザーは色の濃い毛に反応することから、どちらかというと地肌の色が黒い人の方が痛みのリスクが高いとされています。

肌の色に合わせた脱毛器を複数用意しているところがあります。

麻酔クリームや施術後に冷却ジェルなどで肌ダメージを抑え痛みが軽減するよう配慮するところがほとんどです。

★医療脱毛は永久か一度の医療脱毛で全ての毛が脱毛できるわけではありません。

期間をあけて数回に渡り照射することが大事です。

人間には毛周期といって、成長期・退行期・休止期といった毛の生えるサイクルがあります。

レーザーで脱毛できる毛は、成長期と退行期の毛だけで休止期は毛根に毛が生える前の状態なので効果がありません。

毛周期に合わせて複数回照射することで永続的な効果が期待できます。

▼関連ニュース記事≫≫意外と知らない?永久脱毛の定義(脱毛シリーズ①) | MEDLEYニュース